乃木坂46・橋本奈々未卒業ニュースで10万円稼いだ事例

河野です。

弊社は「デイトレせどり」という手法で売上・利益を上げていますが、この手法を構築していく上でパートナーの長島さんが提唱するせどり手法「両軸せどり」を自社流にアレンジして取り入れています。

今回、長島さんの「両軸せどり」を取り入れ、1つの芸能ニュースから合計10万円以上の利益を上げた事例を紹介していきます。

稼げるニュースの見極め

2016年10月、乃木坂46「ななみん」こと橋本奈々未の卒業ニュースを見て、稼げるにおいがしました。弟の学費を稼ぎ、親孝行することがアイドルになる目的で、その目的を達成できたので卒業するというセンセーショナルなニュースで、ファンのみならず世間の話題に。

人気メンバーだった橋本奈々未は、CamCam専属モデルに起用されるなど女性ファンも多く、幅広い支持を得ていることからも、誕生日の2017年2月20日の卒業まで需要が増加すると見込みました。

そこで、卒業日(2017年2月20日)までに

・橋本奈々未に関するグッズ
・乃木坂46のグッズの中でもレア度の高い商品

を「両軸せどり」を使って集めて行く方針を立てました。

実際、京都で開催された橋本奈々未の最後の握手会へ仕入れの目的で足を運びましたが、雪の中5~6㎞もの行列に2ちゃんねるでもお祭り騒ぎ。現地での熱量を感じ、稼げる確信へと変わりました。

両軸せどりで良いとこ取り!

では、長島さんが提唱する「両軸せどり」がどのような稼ぎ方なのか紹介します。

「両軸せどり」の「両軸」とは

・ネット仕入れ
・リアル仕入れ

の2つを指し、この両方のメリットを組み合わせる稼ぎ方になります。それぞれのメリットを簡単に紹介すると

(ネット仕入れのメリット)
店頭で定価で販売される商品が、ネットなら割引で購入できる。自宅でも仕入れが可能。

(リアル仕入れのメリット)
ネット上の在庫が切れたとしても、店頭には残っていることがある。

ネット仕入れ、リアル仕入れのメリットを組み合わせて、売上・利益を上げていくのが「両軸せどり」ですが、具体的には以下の8つのせどり手法で構成されています。簡単に紹介すると

1:フラゲせどり

発売日前に注文を取る「予約販売」のことです。手元に無い商品でも販売できるため、無在庫に近い販売手法なので、資金の少ない人やせどり初心者にオススメです。

2:0円せどり

最近の商品は店舗特典が付くことが多く、この特典を欲しがるマニアが結構います。そこに着目して、本商品をアマゾンで収支トントンか多少の赤字で販売し、特典をヤフオク等で販売して利益を上げていきます。

本商品を売ってしまえば、特典はタダ(0円)で仕入れたことになり、特典の売上は丸々利益になります。

3:ブームせどり

メディアへの露出などで需要が高まった(ブームになっている)商品を販売する手法です。ブームの早い段階で取り組めれば、ライバルがほとんどいないため高い価格で販売できます。

4:お取り寄せせどり

店頭で販売している商品を電話などで取り寄せる手法です。ネット在庫が全滅でもプレ値になっている商品を自宅にいながら仕入れることができます。

5:刈り取りせどり

アマゾンで販売されている商品を刈り取り(購入し)、適正価格にて販売し直す手法です。キャンペーンなどで価格に歪みが生じた商品やAmazon.co.jp限定商品を狙っていきます。

6:イベントせどり

ライブ会場やイベント会場で商品を仕入れる手法です。会場限定で販売される商品は、遠方のファンは現地購入できないのでネットで購入してくれる可能性が高く、その需要を狙って仕入れます。

7:ブレイクせどり

商品発売後の在庫切れやプレ値化を見込み、あらかじめ購入(予約)。発売後に高値で販売する手法です。商品発売後のプレ値を予測する必要があるので上級者向け。

8:リアルせどり

ネット在庫が全滅した商品でも店頭なら在庫が残っている可能性もあります。どういった店舗のどのようなジャンルの商品が置いてあるか?というデータや経験を蓄積していくと、効率良く仕入れができるようになります。

両軸せどりの各手法に関して、より詳しく手法の内容や実際に販売した商品を知りたい方はこちらの音声をお聞きください。

▽ 両軸せどり実践報告対談

長島さんとは、3ヶ月ごとにお互いが両軸せどりで実践してきたことを対談しています。その対談は収録して、上記サイトにて毎回公開しています。

販売事例

では、両軸せどりを使い「乃木坂46」で合計10万円の利益を上げた商品を紹介していきます。今回は両軸せどりの中から、イベントせどり、ブームせどり、お取り寄せせどりを使っています。

1)イベントせどり

アイドルのライブでは、両手にペンライトを持って応援する人が多いです。

ライブ当日に物販会場でペンライトを買うファンもいますが、ライブまでにネットで購入して準備するという需要も確実にあります。その需要を見越して、ライブ会場ではペンライトを押さえておくのが定番です。

今回は、握手会会場にて、できるだけ沢山仕入れました。その後、販売すると1度に2本注文してくれるお客様が多かったです。

・乃木坂46 スティックライト neo 11colors

https://www.amazon.co.jp/dp/B01N2JLE5B/

仕入値:3,000円 売値:4,998円
販売本数:40本 総利益:47,774円

・【フォトアルバム】乃木坂46/サヨナラの意味

https://www.amazon.co.jp/dp/B01MSOUYPO/

仕入値:1,800円 売値:3,994円
販売本数:4本 総利益:6,193円

その他、握手会会場で購入できるグッズを転売し、上記以外に1万円以上の利益を上げました。

2)ブームせどり

既に卒業ニュースでブームが起きているので「橋本奈々未」にフォーカスした商品を集めていきました。

・橋本奈々未を特集をしたDVD「推しどこ」

https://www.amazon.co.jp/dp/B0141KJ36Q/

仕入値:3,200円〜3,700円 売値:5,080円〜5,470円
販売本数:10本 総利益:8,112円

・最後に表紙を飾った雑誌「CanCam」

https://www.amazon.co.jp/dp/B01NCJ7NAV/

仕入値:530円 売値:1280円
販売本数:5冊 総利益:1540円

女性ファンだけでなく、最後なので男性ファンも買うだろうと見込みました。後日、右腕に相談したところ「男性ファンは、最後じゃなくても毎回CanCamを買ってると思いますよ」とのこと(笑)

アマゾンで在庫切れしていることを確認後、用事で出たついでに書店で仕入れ。雑誌はネット上で在庫が切れていても、店頭には残っていることが多いです。そのため「ついで買い」することで、交通費や飲食代を賄うことも可能です。

・センターを務めているCD「Amazon限定サヨナラの意味」

https://www.amazon.co.jp/dp/B01LTHN09K/

仕入値:1,650円〜2,100円 売値:4,000円〜5,380円
販売本数:15枚 総利益:28,206円

“ジャケットに写っている”かつ“Aamazon限定の商品”であることに絞って目を付けたCD。2016年11月発売しAmazon限定は即完売。特典であるAmazon限定のポストカードと、どこでも普通に買えるCDを別々に仕入れ、セットにして準備し、卒業間近で販売しました。

3)お取り寄せせどり

・NOGIBINGO2 初回

https://www.amazon.co.jp/dp/B00M360OCS/

仕入値:13,660円 売値21,100円
販売本数:1本 総利益:3,697円

ツール「せどリサ」で在庫切れ商品をチェックしている流れで発見。その時点で、ネット在庫は無くタワーレコードなら取り寄せ可能だったため、取り寄せを依頼。数年前に発売された初回限定版ということもあり、増産はないだろうというのも仕入時の決め手になりました。

1つの芸能ニュースからブームが起き、そのブームに乗ることで利益10万円を稼いだ事例を紹介しました。今回は長島さんが提唱する「両軸せどり」という手法を弊社なりに取り入れて利益を上げています。メディア系の転売を実践している人は、ぜひ「両軸せどり」を取り入れてみてください。今まで以上に幅が広がり、利益を取れる商品の仕入れが行えるようになります。

▽ 両軸せどり実践報告対談